hirokz530(我が家のアウトドアレポート)

我が家のアウトドアレポート

BBQ、キャンプ、自転車キャンプ、我が家のアウトドア全般に関わる記録です!

ドルフィンファームしまなみ オートキャンプ場

夏、本番です。

暑い日が続いているので海水浴キャンプです。

愛媛県しまなみ街道伯方島にあるドルフィンファームしまなみオートキャンプ場へ行ってきました。


f:id:hirokz530:20210803081532j:image

コテージ|しまなみ海道でキャンプ・観光なら|ドルフィンファームしまなみ

神戸市より250km、しまなみ海道を抜けて3時間20分。

f:id:hirokz530:20210809123141j:imagef:id:hirokz530:20210809123220j:image

〜料金です〜

チェックイン12:30 チェックアウト11:00

フリーサイト16区画 4人まで 3300円

区画サイト4区画 6人まで 7150円

追加人数 大人500円、子供400円(小学生)

アーリーチェック9時〜 1100円

ゴミ処理費用200円別途必要

キャンプ利用時ドルフィン見学無料

温水シャワー17時より無料

 

キャンプ場全体図です。
f:id:hirokz530:20210803081638j:image

 

入口を入ると受付があります。

f:id:hirokz530:20210806212157j:imagef:id:hirokz530:20210809130332j:image

受付より向にゴミ箱があります。

f:id:hirokz530:20210806212428j:imagef:id:hirokz530:20210806212444j:image

キレイに片付けられていました。

 

今回はアーリーチェックです。

空いてる場所があればフリーサイトは早いものがちです。

木と木の間がおおよそ境界として区切られています。
f:id:hirokz530:20210807143049j:image

区画サイトはかなり広々と使えます。f:id:hirokz530:20210809115855j:imagef:id:hirokz530:20210809115909j:image

柵による囲いもあり芝生もキレイです。

 

今回はフリーサイトの真ん中あたりをえらびました。景色がとてもキレイです。

f:id:hirokz530:20210809121123j:image

トイレはビーチと共有なのでかなり遠いです。

フリーサイト手前側からでもおよそ150m程度の距離です。

 

炊事場はキャンプ場やや奥にあります。

敷地内なのでどこのサイトからも近い場所です。キレイに掃除されていました。

f:id:hirokz530:20210809120528j:image

 

トイレは海水浴客が訪れる10時から15時くらいは非常に混雑しています。

f:id:hirokz530:20210809130504j:imagef:id:hirokz530:20210809121355j:imagef:id:hirokz530:20210809121406j:imagef:id:hirokz530:20210809121420j:imagef:id:hirokz530:20210809121440j:image

すごくキレイとまではいいませんが、利用者の数の割にはキレイと感じました。

 


f:id:hirokz530:20210809121755j:imagef:id:hirokz530:20210809121829j:imagef:id:hirokz530:20210809121840j:image
ビーチのシャワーです。

ビーチ利用料金、水シャワーは無料です。

水圧が低いのが難点です。

 

さすがにビーチはキレイでした!

8月ですが透明度も高く良かったです。
f:id:hirokz530:20210809122024j:imagef:id:hirokz530:20210809122245j:image

泳いだあとはビールサーバーで久々の生ビール🍺
f:id:hirokz530:20210809122328j:image

10リットル、1日でほぼ完飲でした😅

 

子供達はドルフィン見学です。
f:id:hirokz530:20210809122606j:imagef:id:hirokz530:20210809122701j:imagef:id:hirokz530:20210809122723j:image

1日目の晩御飯は焼き鳥でした。

f:id:hirokz530:20210809123419j:imagef:id:hirokz530:20210809134538j:image

キレイな夕暮れとキレイな奥さん達と美味しいビール🍺飲み過ぎでやや二日酔いでした。

 

子供達は色々な遊びを見出します。f:id:hirokz530:20210809134655j:image

木登り

f:id:hirokz530:20210809161303j:image

謎の綱渡り

 

たくさん遊んで爆睡でした。

 

キャンプ場には常設テント、グランピングテント、コテージがあります。

f:id:hirokz530:20210809133401j:image

f:id:hirokz530:20210809133456j:image
f:id:hirokz530:20210809133422j:image

f:id:hirokz530:20210809133549j:image

f:id:hirokz530:20210809133615j:image

コテージ1泊1名9900円

グランピングテント1泊1名7700円

まぁまぁの値段です。

 

2日目は混雑する前にビーチで遊び、地元の食材を探しにスーパーへ。


f:id:hirokz530:20210809124048j:image

伯方ショッピングセンター。

コインランドリーが併設されています。

地物はありますが、平均的にやや高い印象。

お昼は惣菜を買い、ショッピングセンターないのテーブルで済ませました。

 

海産物を探し大島の道の駅 よし海いきいき館へ

重点道の駅 よしうみいきいき館

 

種類も豊富ですが、こちらもかなり値段が高い印象です。

また、浜焼きで食べることも出来るため、混雑していて飲酒している人もたくさん…。

客層も茶髪のえりあし長い小学生に親がジャージに金の太いネックレスで酎ハイ片手にウロウロ…。

 

子供らはソフトクリームを食べて早々と撤収しました。

 

ただ、大アサリ中が4個で600円と安かったので購入。

 

途中のAコープでアコウとチヌの刺し身を買いキャンプ場へ戻りました。

 

温泉へ行きたいとの話がありましたが、時間と距離の問題で断念。

 

ドルフィンファーム内にはキャンプ場利用者は無料の温水シャワーがあります。

このシャワールームが非常に使い勝手が悪いです。

荷物置くスペースも狭くて高い。

履物を置くスペースもない。

奥さんと子供達は露骨に嫌がってました。

いつか、改善される事を願っております。

 

最終日は日が昇り暑くなる前に撤収して愛媛県四国の道後温泉まで!

ドルフィンファームより車で1時間15分です。

f:id:hirokz530:20210809131449j:image

f:id:hirokz530:20210809131504j:image

しまなみ海道最後の道の駅で伯方の塩チョコを購入。350円と爆高い。

味は、チョコに塩つけて食べた感じです。

 

道後温泉へ到着。

それとなく、千と千尋感はありました。

建物外装は一部改装中でした。
f:id:hirokz530:20210809131732j:imagef:id:hirokz530:20210809131815j:imagef:id:hirokz530:20210809131823j:image

みんな、温泉に入りたいなか、

次男は「ババアに名前とられるから嫌や」と…。

なだめつつ、温泉へ!

温泉入ったあとは四国→淡路島経由で家まで300km。

3日間で600kmオーバーを走りました。

夕方に無事帰宅。

 

 

帰ってきて数日後。

f:id:hirokz530:20210809132936j:image

日焼け後の指輪跡が痒くて外した指輪が行方不明。家の中で外した記憶はあるのだが見つからず…。

長男が枕元から見つけてくれました!

 

古い指輪をつけて数日間偽装工作していたのは内緒です。

 

くわがたの森キャンプ場 諭鶴羽ダム

本日は淡路島にある諭鶴羽ダム公園内、くわがたの森キャンプ場へ行ってきました。

神戸市より1時間15分、80キロと立地のいいキャンプ場です。

f:id:hirokz530:20210718143553j:image

今年から淡路島のキャンプ場は値上げラッシュ。一家族5000円〜6000円以上のキャンプ場ばかりのなか、こちらは無料です。

しかし、webなどでも情報は謎に包まれているキャンプ場です。

最近では無料キャンプ場でも事前予約が必要なのと、混んでて予約が取れない中にこちらは予約も不要です。

 

わかっていることは、キャンプしている人は少ない。

ゴミは持ち帰り。

地元の方が散歩している。

トイレはあるが飲料水はない。

動物がたくさん出没する。

トイレ(駐車場)からサイトまでは50メートル程ある。

 

サバイバル感が全開です。

 

とりあえず心配なのは野生動物対策。

調べた所によると淡路島には熊はいない模様!

なんとか戦える要素が出てきたwww

諭鶴羽ダム周辺地域情報を見るとイノシシの出没はほとんどなく、鹿と猿の出没情報がありました!

鹿ならなんとかなる!

しかし、猿の倒し方はわからん…。

とりあえず、近づけない為の対策として爆竹とロケット花火を購入。

 

 

最近見かけなくなた騒音花火もアマゾンさんでしっかり揃います!

そんな感じで百獣の王並みのシュミレーションを終えてキャンプ場へ!

 

 

当日は安定の早起きwww

 

目覚ましなしで4時起きの5時出発!


f:id:hirokz530:20210718191229j:image

朝5時の明石大橋はとてもキレイwww

 

淡路市の山へ入りしばらくすると看板が見えてきます。

f:id:hirokz530:20210718191522j:image

ひたすらまっすぐ、ダムへ向かいます。f:id:hirokz530:20210718191714j:image

f:id:hirokz530:20210718191748j:image

ひたすら進むと最初に宿泊施設「諭鶴羽荘」が見えてきます。

2021.7月 現在は休業中です。

f:id:hirokz530:20210718191904j:image

諭鶴羽荘を超えるとすぐにダムです。f:id:hirokz530:20210718194231j:image

右折しダム橋を渡る事も出来ますが、地元のローカルルールでダム周回は時計回りの様です。
f:id:hirokz530:20210718194346j:image

直進するとダム管理事務所がすぐにあります。
f:id:hirokz530:20210718194646j:image

f:id:hirokz530:20210720141704j:image

その先は一気にサバイバル感が溢れた道へ変わっていきます。
f:id:hirokz530:20210718194757j:image

f:id:hirokz530:20210718195050j:image

途中見えてくる駐車場を超えるとキャンプ場が見えてきます。
f:id:hirokz530:20210718195015j:image
f:id:hirokz530:20210718195818j:image

 

諭鶴羽ダム公園キャンプ場は2つに別れています。トイレから近いくわがたの森キャンプ場とトイレから徒歩5分ほどのさつきの森キャンプ場の2つがあります。

どちらもオートではなく、くわがたの森は駐車場から40m程、さつきの森は20m程に荷物を運ばなければいけません。

 

駐車場入口にはトイレがあります。

f:id:hirokz530:20210719193751j:image

手洗い用の水は出ますが飲用ではないので煮沸が必要です。

今回、飲用水は自宅より40L程持参しました。

 

キャンプ場のトイレです。

男女それぞれ和式です。

f:id:hirokz530:20210719193835j:image
f:id:hirokz530:20210719193823j:image

f:id:hirokz530:20210719193904j:image

多目的トイレは洋式です。

f:id:hirokz530:20210719193848j:image

公園トイレです。

使用には問題ないですがそれなりに汚いです。

トイレットペーパーは切れているので持参が必要です。

 

トイレ横にはこの看板!

f:id:hirokz530:20210719193947j:image

北海道民は熊より猿に反応するはずですwww

しかしこちらには対策がある\(^o^)/

 

朝7時にキャンプ場へ着くと昨日から宿泊しているテントがありました。

 

キャンプ場への荷物運びは一家総出です。

こんな時は戦力になる6人家族の荷物運びwww

くわがたの森キャンプ場のサイトです。

階段降りてすぐの手前サイトは土でした。

2張り程度のスペースです。

f:id:hirokz530:20210720140417j:image

手前サイトから奥にかけては土に混じりコンクリート敷きでペグ打ちは難しそうです。

最奥へ行くとコンクリートは薄くなり鋳造ペグなら刺さりました!


f:id:hirokz530:20210720160815j:image

ただ、土は柔らかいので長めのペグが必要でした。

f:id:hirokz530:20210720140621j:image

19段の階段を下り、また登り、せっせと運びます。

f:id:hirokz530:20210719194145j:image

キャンプ場までの距離があるとの情報はあったので、荷物は最低限にまとめて、設営撤収簡単なワンポールテントとしました。

f:id:hirokz530:20210719194215j:image

f:id:hirokz530:20210719194233j:image

調理器具もコンパクト化

f:id:hirokz530:20210719195146j:image

f:id:hirokz530:20210719194254j:image

設営を終えて一休み。

f:id:hirokz530:20210719194346j:image

後ろでウシガエルが鳴いています。

今晩はじまるウシガエルvsママの壮絶な奏でバトルをまだ私達は知る由もなかったのでした…。

 

 

昨日から泊まっていた家族は4人家族で我が家の双子ちゃんよりちょっと下の姉妹です。

すぐに仲良くなりみんなでUNOをしていましたw

 

徳島から用事で来て!たまたま見つけた諭鶴羽ダムへキャンプに来たと!

 

外出がてらにキャンプwww

究極だなぁ〜

 

徳島のキャンプ場情報も教えてもらい、アイスをおすそわけ頂きました。

 

お昼はうどんを食べて周囲を散策。f:id:hirokz530:20210719194545j:image

お隣のさつきの森キャンプ場へ

くわがたの森から徒歩3分程です。

f:id:hirokz530:20210719194721j:image

f:id:hirokz530:20210719194806j:image

湖畔が広がり景色が良いのですがトイレまで徒歩5分、ソロや男子キャンプ仕様です。

 

散策を終えて、夜ご飯の準備前に早めのお風呂へ!

キャンプ場より車で5分 さんゆ〜館へ行ってきました。

f:id:hirokz530:20210719194840j:image

f:id:hirokz530:20210719194859j:image

f:id:hirokz530:20210719194913j:image

太陽とゆうゆう遊べる、碧の中の温泉リゾート。 南あわじクア施設 さんゆ〜館

大人630円、子供310円

本日キッズdayにて綿あめのサービス付きw

 

お風呂から帰ると前泊ファミリーは帰る事にしたと!撤収も早いっw

良い出会いに感謝!また何処かで会いましょうw

帰ると長男は焚き火がしたくてワクワクw

杉の木の皮を集めライター1つで着火可能です!

頼もしいw

焚き火準備をしていると鹿さんがこんにちわ。

しかも子連れです。
f:id:hirokz530:20210720141817j:image

f:id:hirokz530:20210719195307j:image

晩御飯は手羽先焼いて、羽釜ご飯。

早々とすませて焚き火タイムです。

夜になるといたる所でアブラ蝉の羽化が始まりました。

羽化を最初から最後まで見る機会はなかなかないので良い体験でした!
f:id:hirokz530:20210720141946j:image

f:id:hirokz530:20210720141956j:image

f:id:hirokz530:20210720142029j:image

f:id:hirokz530:20210720142046j:image

f:id:hirokz530:20210720142108j:image

f:id:hirokz530:20210720142120j:image

次男釘付けでしたwww

f:id:hirokz530:20210720142148j:image

f:id:hirokz530:20210720142246j:image

f:id:hirokz530:20210720154600j:image

f:id:hirokz530:20210720154619j:imagef:id:hirokz530:20210720154513j:image

f:id:hirokz530:20210720154630j:imagef:id:hirokz530:20210720154911j:image

f:id:hirokz530:20210720154651j:imagef:id:hirokz530:20210720154935j:image

f:id:hirokz530:20210720154706j:imagef:id:hirokz530:20210720155001j:image
f:id:hirokz530:20210720155020j:image

f:id:hirokz530:20210720155059j:image

f:id:hirokz530:20210720155136j:imagef:id:hirokz530:20210720155121j:image

f:id:hirokz530:20210720155226j:image

f:id:hirokz530:20210720155238j:image

f:id:hirokz530:20210720155304j:image

朝には立派な成虫になっていました。

 

朝ごはんを食べて、日が昇りテントを乾かすまでは近くの公園へ遊びに行きました。

車で10分程にある公園です。

三原センターパーク - 南あわじ市ホームページ
f:id:hirokz530:20210720160041j:image
f:id:hirokz530:20210720160101j:image

大きなアスレチックがあり子供達はかなり楽しめる公園でした!

 

遊んだあとは家族総出で撤収です!

 

早めに撤収して15分程車を走らせ別所水産へ!

お持ち帰りの刺し身を購入。


f:id:hirokz530:20210720161011j:image

今回は豪華に4人前で4000円のおまかせ盛り。

流石に美味い。

途中ドライブで見つけたひまわり畑


f:id:hirokz530:20210720162426j:image

キャンプを満喫しながら、寝不足の目をこすりながら帰路につきました。

 

眠気の原因は夜通し続いたウシガエル4〜5匹vsママ1匹の激闘です。

「モォー、モォー、オエッ、チャポン💧」「ゴォー、ゴォー、グフッ」

 

問題です。

どちらがママの鳴き声でしょうか?

 

 

嬉野台生涯教育センター キャンプ場

本日は神戸市より車で45分、加東市にある嬉野台生涯教育センター内にあるキャンプ場へ行ってきました。

兵庫県立嬉野台生涯教育センター

県の施設であり、研修施設、体育館、運動場などがある施設です。

 

基本的には団体利用施設なので10名以上から貸出しになります。

2週間前に予約が必要で、コロナ禍の為1団体のみ受付とのことです。

200名収容を規模としているのでかなり大きなキャンプ場です。
f:id:hirokz530:20210626150611j:image

料金です

大人1泊100円

子供1泊50円

この1泊料金に9時〜17時の日中使用料として

大人50円、子供20円が追加されます。

燃えるゴミは200円/袋で廃棄可能です。

この設備レベルでの料金は破格のキャンプ場です。

設備は新しいとは言えませんがかなり充実しています。

多目的トイレにはベビーシートもあります。
f:id:hirokz530:20210626150654j:image

男女トイレも比較的キレイです。
f:id:hirokz530:20210626150726j:image
f:id:hirokz530:20210626150708j:image

f:id:hirokz530:20210626150737j:image

時期にもよりますが蚊が多いのでヤブ蚊バリアや蚊取り線香を点けると消え去ってくれます。

 

サイトもかなり広いので設営し放題です。
f:id:hirokz530:20210626151125j:image

f:id:hirokz530:20210626151153j:image
50人くらいは座れて、ライトが点灯する屋根付き、の東屋も自由に使っていいとの事です。
f:id:hirokz530:20210626151242j:image
天気予報では降水確率が40%だったので今回はイスとテーブルを避けてこの屋根の下にテントを設営しました。
f:id:hirokz530:20210626150611j:image

炊事場や野外炉もきれいで屋根付き、電気つきです。
f:id:hirokz530:20210626151708j:image

f:id:hirokz530:20210626151904j:image

f:id:hirokz530:20210626151731j:image

f:id:hirokz530:20210626151739j:image

炊事場の奥には30名程は座れる椅子とテーブルもありました。
f:id:hirokz530:20210626151945j:image

施設にシャワーやお風呂はありません。

温泉はキャンプ場より5km、8分のところに

とどろき荘

ホーム - 公式 東条温泉 とどろき荘

12km、20分の所に吉川温泉、よかたん
山田錦の郷/山田錦の館・吉川温泉「よかたん」

しかし、いずれも緊急事態宣言の為休館中。

なので、車で40分と少し足を伸ばし丹波の湯まで

丹波の湯

こちらの温泉、入浴料+昼食で1300円のWebチケットがあります。

入浴料に「季節の竹籠膳」1200円がついて1300円なので非常にお得。

f:id:hirokz530:20210626153312j:image

昼食を食べて温泉に浸かり、キャンプ場へ舞い戻ります。

 

本日の晩御飯は子供達の大好きな唐揚げとフライド・ポテト 外で揚げる唐揚げはまた美味い!2kgの唐揚げがあっと言う間に無くなりました。

f:id:hirokz530:20210626153433j:image

f:id:hirokz530:20210626153442j:image

夜食は丸鶏のスモークチキン

f:id:hirokz530:20210626153510j:image

これまた、あっと言う間に無くなりました。f:id:hirokz530:20210626155213j:image

大人達は焚き火でスモークチキンのオリーブオイル炒め。

f:id:hirokz530:20210626155343j:image

タコのスモーク

茹でたて明石だこ

イカの刺し身

たくさん食べてたくさん飲んで満足。 

 

焚き火を堪能して床に就きました。

 

夜中になると、予想通りの雨

いや、想像以上でした。

雨と言うより嵐でした。

f:id:hirokz530:20210626155949j:image

次男は怖さのあまりちんち○とオヘソを隠して固まってしまいました…。

我が家は雨が怪しい時は撤収と乾燥の便利さからモンベルのクロノスドーム2を2個設営して二手に別れて寝ていますが今回の雨は想定を超えました。

雨は屋根があるのですが、屋根の端の方にテントを建てたため妻と娘のテント下に水が流れ込みました。日頃の行いが悪いからでしょうか…。

以前、テントの耐水圧について書きましたが、浸水までの計算は…

耐水圧2,000mmであれば、生地の上に1cm四方の柱を立て、柱の中に水を入れて2,000mm(2m)までの高さに入れた水の水圧に耐えられるということになります。(JIS規格)

もっとわかりやすく言うと

体重75kgの人が濡れた場所に座った時の圧力、約2,000mm

○○kgの妻に当てはめると1466mm

クロノスドームボトムの耐水圧は2000mmなので大丈夫だ!

しかし、となりのテントから「浸水してきた〜!」

嘘だろ、○○kgだと耐水圧は1500程度のはず

さては太ったのか?

そんな疑念を抱きながら状況を見に行くと結露でした。しかし、安心出来ない妻はパニックです。

「大丈夫だ!」、「いや、大丈夫じゃない!」の押し問答を繰り返すうちに雨は止み、すぐに水はひいてきました。

 

しかしながら、屋根がなければえらいこっちゃになっていたでしょう!

梅雨のこんな時期にはこのキャンプ場の屋根は完璧です。次回はもうちょい内側に建てよう!

 

色々ありましたが楽しいキャンプでした!

最後に…。

 

問1)〇〇を求めよ

 

って、算数の授業ではありません。

 

自家製丸鶏スモークチキン 

f:id:hirokz530:20210608132058j:image

キャンプでは最高のつまみになる丸鶏スモークチキンのレシピ。

〜行程です〜

①ソミュール液(ピックル液)作成

②ソミュール液漬け込み

③水抜き

④加熱ボイル

⑤乾燥

⑥燻製

⑦乾燥と熟成

以上になります。

 

まずはソミュール液の作成です

丸鶏を漬け込むには1リットル〜2リットル程度あれば大丈夫です。

色々作り方はあるかと思いますが参考にして下さい

まずは野菜ブイヨンを作ります。

ジャガイモ、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、大根、セロリ等、野菜のヘタや皮など捨てる部分を冷凍しておきスープを取ります。f:id:hirokz530:20210608132825j:image

中火でコトコト煮込みます。

濾してスープを取ります。

f:id:hirokz530:20210608132955j:image

 

ここに調味料を加えひと煮立ちさせます。

野菜スープ700cc
塩180g
醤油40cc
砂糖30g(黒糖、三温糖、ザラメがあれば良し)

ソミュール液は完成です。

ここにハーブとお酒を加えてピックル液にしていきます。

ハーブはお好きなものを

f:id:hirokz530:20210608162442j:image

タイム、ローズマリーローリエ、胡椒etc...を入れてひと煮立ち。

冷めたらワインを300cc入れます。

☆今回は日本酒と共に食べる予定なのでワイン200cc、日本酒100ccにします。

 

丸鶏は腹の中身の内蔵や血合いは歯ブラシなどを使いキレイに洗っていきます。

f:id:hirokz530:20210608162544j:image


完成したピックル液と丸鶏、香味野菜を入れて真空パック、冷蔵庫で3日間漬け込みます。f:id:hirokz530:20210608162522j:imagef:id:hirokz530:20210608162628j:image

漬け込みが終わったら水抜きです。f:id:hirokz530:20210608162659j:image

大き目のボウルに入れて冷蔵庫で2日間水抜きします。途中水を変えます。

 

水抜きが終わったら丸鶏が浸る位水を入れて真空パック、70℃で3時間ボイルします。

低温調理器を使うと楽です。

大きめの丸鶏であれば追加1時間すれば良いかもです。

 

粗熱を取り風乾燥します。

冷蔵庫で一晩乾燥します。

f:id:hirokz530:20210608163047j:image


f:id:hirokz530:20210608183518j:image

乾燥すると妻のお尻位パンパンに膨れて艶が出てきます。

いよいよ燻製です。

スモーカーはこれを使っています。

 

サクラスモークチップにピートモスを少量かけて燻製していきます。
f:id:hirokz530:20210608163408j:imagef:id:hirokz530:20210608163518j:imagef:id:hirokz530:20210608163543j:image

60〜70℃で2時間燻製します。


f:id:hirokz530:20210608163804j:image

完成後はジップロックに入れて冷蔵庫で2〜3日熟成すると美味しくなります。

 

キャンプ場では燻製後に燻製後粗熱をとってたべるといいでしょう!

 

解体した後の骨は煮込んでスープにすると美味しいです。

 

 

道の駅あゆの里矢田川 併設キャンプ場

 


f:id:hirokz530:20210605145726j:image

記録的速さの梅雨入りにがっくり…。

しかし、梅雨の合間の晴れた週末、神戸市より2時間半、北部は香美町道の駅矢田川に併設しているキャンプ場に行ってきました。

前日までは雨続きの為、予約はせずに行けるキャンプ場です。

早朝5時に出発、途中養父市のトライアルで買い出しをして9時に到着。

天気はキレイに晴れました。

f:id:hirokz530:20210605145904j:image

9時に到着するとソロが3組ほど到着しており場所探しをしていました。

前日は2組いましたが、10時位に早々と撤収していました。

道の駅で申し込みをしてテントを張ります。


f:id:hirokz530:20210605150651j:image

好きなところに張っていい早いものがちシステムです。

f:id:hirokz530:20210605150806j:image

荷下ろしが楽な駐車場よりすぐの広い場所に張りました。

f:id:hirokz530:20210605151009j:image

ランドロックを建ててもこの広さです。

料金は大人500円、子供300円です。

合計2200円ですが、

人当たりの良さだけが取り柄の妻のコミュニケーション能力と駅長のはからいで1800円におまけしてもらえました。

 

 

早速、テントを設営してお昼ごはん。

道の駅で矢田川味噌を使った矢田川味噌ラーメンを食べました。

f:id:hirokz530:20210605164431j:imagef:id:hirokz530:20210605164159j:imagef:id:hirokz530:20210608120730j:image

ご飯を食べたら焚き火の準備とご飯の仕込みです。

f:id:hirokz530:20210605164523j:image

子供達はダンゴムシとてんとう虫etc...の家造り。なかなかの出来栄え!!

f:id:hirokz530:20210608120512j:image

 

準備を終えて周辺の散策です。

道の駅すぐ下にある川遊びをする事もできます。

f:id:hirokz530:20210608120859j:image

 

薪や炭の販売もあります。
f:id:hirokz530:20210608124524j:imagef:id:hirokz530:20210608124549j:imagef:id:hirokz530:20210608124607j:image


サイト周辺にはいくつか電源もあります。

電源は家庭用家電を想定しているので大きな電力は使えません。

また、通常貸出しはしていないので駅長と要相談です。

f:id:hirokz530:20210608125357j:imagef:id:hirokz530:20210608125312j:image

 

トイレです。

トイレは道の駅のトイレを使用します。

朝7時頃から清掃しています。

キレイに清掃されています。
f:id:hirokz530:20210608121402j:image

f:id:hirokz530:20210608121421j:image

f:id:hirokz530:20210608121432j:image

f:id:hirokz530:20210608121449j:image

 

キッチンです。

キッチンはお湯が出ます。

お湯が出るキッチンは高規格の一部くらいなのでポイントが高いです。

f:id:hirokz530:20210608121733j:imagef:id:hirokz530:20210608121920j:image

妻はは知らずに端っこにあるちっちゃい水道のついたシンク(蛇口のないやつ)を使って、「キッチン使いづらいわ〜(怒)」って文句をいってました。そっとしとこうか迷いましたが心の広い私は教えてあげました「隣に大きいお湯の出るシンクあるよ!」
f:id:hirokz530:20210608121932j:image

シャワーは300円です。

普通にキレイなユニットバスのシャワーです。
f:id:hirokz530:20210608122400j:image

私達は、車で15分のかすみ矢田川温泉に行きました。道の駅矢田川で割引きチケットを貰えて大人520円、子供210円でした。
f:id:hirokz530:20210608123230j:image
f:id:hirokz530:20210608123239j:image

f:id:hirokz530:20210608123336j:image

ゆっくりお風呂に入り、帰って晩御飯です。

〜本日の晩御飯〜

自家製丸鶏スモークハム

牛ロースステーキ

スキレットラムジンギスカン

牛すじコンソメスープ

羽釜ご飯


f:id:hirokz530:20210608123850j:image

自家製スモークチキンの作り方

自家製丸鶏スモークチキン - 我が家のアウトドアレポート

 

f:id:hirokz530:20210608123908j:image

f:id:hirokz530:20210608123931j:image

f:id:hirokz530:20210608123940j:image

f:id:hirokz530:20210608123950j:image

ご飯は美味しいと評判

頂きものの魚沼産コシヒカリです

f:id:hirokz530:20210608124101j:image

f:id:hirokz530:20210608124128j:image

たらふく食べて焚き火をしていたらもう21時となり就寝時間です。

夜はソロキャンの方々が多いので静かです。

色々キャンプ場に行ってますが、人はいるけど静かなキャンプ場ベスト3に入ります。

 

翌日は浜坂で海産物と香住鶴を買って帰宅しました。

 

最後に、、、

道の駅のマナーについて。

ハイエースで21時頃訪れてテーブルを出して食事を始める輩がいました。そのまま車中泊です。翌朝は我が物顔でキッチンを使いお湯で頭を洗ってました。

道の駅矢田川では車中泊向けにはRVパークが併設されています。

値段は電源付きで1500円と格安です。

 

緩やかな決まりで運営しているキャンプ場です。決まり事で苦しくならない様にマナーはしっかり守って頂きたいものです。

 

 

テント撥水加工 ランドロック編

我が家のランドロック2018年6月の購入です。


f:id:hirokz530:20210530200323j:image

毎年、ヘビーに使っている方ではあります。

1日中、大雨に当たることもしばしばあります。

先日のキャンプでも1日中の大雨をくらいました。

3年も経つと少しづつ撥水コーティングがおちてきました。

 

今回はテントの撥水加工をしたのでその方法をレポートしていきます。

 

まずは、用語のまとめです。

そもそも、「防水加工」と「撥水加工」の違いです。

定義としては

〜防水〜

(水を通さないようにした加工)

塩化ビニルや合成ゴムなど、生地そのものを水を通さない素材で作ったり、生地の隙間にゴムや合成樹脂を塗り込んで、水を通さないようにする加工を指します。素材自体が加工されているものなので、撥水と違い、使っていくうちに防水効果が落ちてくるということはないようです。

水の浸透をほぼ完全に防ぎ、強い雨でも水を通しませんが、撥水加工とは違って布目の隙間がないため、空気や水蒸気も通さないので、通気性が悪く蒸れやすいという弱点があります。

ただ、防水加工の中には、水は通さずに空気だけ通すという、特殊な防水フィルムを使ったものもあります。合羽などに使われる、防水透湿素材と呼ばれるものの多くがこれにあたり、有名なところではゴアテックスがあります。

〜撥水〜

(水をはじく加工)

 撥水加工とは、シリコンやフッ素などで生地の表面をコーティングし、水を玉状にしてコロコロとはじく加工を指します。生地をコーティングしても、布目の隙間は塞がれないので、空気や蒸気は通します。通気性が保たれるので、蒸れにくいというメリットがあります。

市販の撥水スプレーなどを使っても、同様の効果が得られますので、生地にあとから撥水効果を足すということも可能です。

ただ、素材そのものではなく、表面に加工を施しているだけなので、使用とともに段々とその効果は落ちてきます。

また、水の量が極端に多い場合や、逆に、霧雨のような小さい水滴の場合も、布目の隙間から中に浸透してしまうことがあります。

 

一般的にテントでは防水加工された上に撥水加工されているので防水効果は持続しますが撥水効果は経年的に減退していく事になります。

 

テントの防水加工では耐水圧と表記されていますがそもそも耐水圧とは?

耐水圧とは1cm四方の水が入る筒を立てて、筒の中に水を入れて何メートルの高さの水の水圧に耐えられるかという指標です。

 

よく、テントで見かける耐水圧2000mmでは筒の水が20cmまで防水できます。

 

一般的な雨で耐えれる耐水圧の目安は

300mm  小雨

2000mm   中雨

10000mm 大雨

20000mm  嵐

となります。

一般的なテントが1000mm〜2000mmなので防水加工だけでは浸水リスクが高いので撥水加工を合わせて浸水を防いでいます。

 

経年劣化した撥水加工の復活は…。

まず、大きく分けると、「自分でやるか」or「業者に頼むか」この選択肢です😅

 

業者だと以下のところが有名です。

テントクリーニング.com【キャンパー2万人が選んだサービス】

テントクリーニング.com

クリーニング代19360円  撥水加工9680円

 

ランドロックは大きいのでかなりの値段…。

 

と言うことで自分でやっちゃおう!

早速、撥水剤を調べます。

撥水剤は大きく分けて2種類。

シリコン系とフッ素系です。

シリコーン系は撥水効果は強いものの、透湿性能や通気性低下の可能性もあり一般的にはオープンタープなど密閉しないものには向きますが

インナーテント等通気性の必要なものには不向きと言われています。

シリコン系の代表は

 

一方、フッ素系はシリコーン系ほど撥水力と持続性はないものの透湿性や通気性に優れ、密閉式のテントに向いていると言われます。

フッ素系の代表は

 

我が家のランドロックは秋冬はお座敷スタイルで締め切るのでフッ素系にしました。

 

また、加工には二通り、塗るタイプとスプレータイプがあります。

 

代表的なスプレータイプです。

 

ランドロックは面積が大きくスプレータイプではコスパが悪いので今回は塗るタイプを選択しました。

 

ランドロックはでかいので4本用意しました。
f:id:hirokz530:20210530203313j:image

刷毛は100均で用意しました。

f:id:hirokz530:20210530203709j:image

1家6人総出でまずは天井から塗り塗り。


f:id:hirokz530:20210530204555j:image

乾くのを待ってから設営して前後左右、スカートを塗り塗り。


f:id:hirokz530:20210530204815j:image
f:id:hirokz530:20210530204849j:image
3本と少々使い切りフライシートは完成。 

グランシートも塗り塗りしときました。


f:id:hirokz530:20210530205031j:image

乾いたので早速、水を垂らして実験。
f:id:hirokz530:20210530205210j:image

見事に弾きます!

さらに、朝露にさらされた状態です。


f:id:hirokz530:20210530205415j:image

撥水加工、完璧!

これでしばらくは長持ちするでしょう!

 

 

 

 

 

たけのこ村 東大谷野外活動施設

本日は豊岡市の竹野にあるたけのこ村へキャンプに行ってきました。

施設案内 たけのこ村|豊岡市公式ウェブサイト

f:id:hirokz530:20210505134504j:image

神戸市より北近畿豊岡自動車道を抜けておよそ2時間20分、150km程度です。f:id:hirokz530:20210505135414j:image

山や川を眺めつつ田んぼの間を走ると看板が見えてきます。

このキャンプ場は町の委託で近隣に住んでいるおばあちゃんがチャリで出勤して切り盛りする施設です。

web掲載や情報が少ないため混雑もなく、なかなかの穴場ですが、たまにツッコミどころ満載なボケをかましてくるので要注意です(笑)

f:id:hirokz530:20210505140127j:imagef:id:hirokz530:20210505140142j:image

管理棟と料金表です。

料金表では入場料、大人子供それぞれ200円

テント1張1000円 、タープ500円です。

 

今回は2泊3日、テント2張、大人4名、子供7名です。

お支払い合計は7000円。

??

謎の多い料金システム。

とりあえず長いものには巻かれておこう。。。

 

その他

薪は1束、500円

炭が3kg、1500円

炭忘れた時の罰ゲームですね\(^o^)/

 

キャンプ場はコテージと合わせて運営しています。管理棟を中心にコテージやテントサイトが配置されています。

ざっくり

5分で描ける配置図作っちゃいました。

f:id:hirokz530:20210505154204j:image

テントサイトのチェックイン、チェックアウトは昼位。場所は一応予約した時には指定ありでしたが、いつの間にか当日に来た順からに変更でした😅

まぁ、我が家はアーリー大歓迎なので10時過ぎに1番のりで場所ゲット!

f:id:hirokz530:20210505155006j:image

研修棟下で車をサイト脇に駐めれる場所をゲットしました。

こちらは、大型テントを3張できるスペースがあります。

芝生にある鹿の糞拾いからはじめます。

30分ほどみんなで糞拾いです。

f:id:hirokz530:20210505155426j:image

テントサイトはたくさんありますが一部川を渡らないといけないサイトもあります。

車は渡れないので一輪車で運ぶことになります。

f:id:hirokz530:20210505155838j:image
f:id:hirokz530:20210505155753j:image

トイレです。

基本和式で研修棟トイレに洋式があります
f:id:hirokz530:20210505160009j:image

f:id:hirokz530:20210505160034j:image

炊事場は3箇所あります。

うち、2つはバーベキューサイトと併設です。

バーベキューサイトは予約制なので、予め予約しておくと雨が降っても大丈夫です。

バーベキューサイトの予約は午前(16時まで)と16時以降の午後です。
f:id:hirokz530:20210505160141j:image

f:id:hirokz530:20210505160604j:image
f:id:hirokz530:20210505160551j:image

テントサイト横の炊事場


f:id:hirokz530:20210505160637j:image

f:id:hirokz530:20210505160731j:image

f:id:hirokz530:20210505160758j:image

川を渡った先の炊事場

 

f:id:hirokz530:20210505161107j:image
f:id:hirokz530:20210505161135j:image

ゴミ箱は管理棟横にあります

袋の指定はなくゴミの廃棄は無料です

 

本日より、夏仕様に変更です。
f:id:hirokz530:20210505161557j:image


f:id:hirokz530:20210505161647j:image

f:id:hirokz530:20210505161653j:image
f:id:hirokz530:20210505161722j:image


f:id:hirokz530:20210505161818j:image

夜の上映会に備えてスクリーンです


f:id:hirokz530:20210505162014j:image

気温は20℃超え!

父はご飯の準備で子供たちは川遊びです!

日中の晴天が嘘のように夕方より土砂降り…。

川遊びは撤収して管理棟のシャワーに!

と、思いきや「シャワー使えませんよ」

 

まぁ、想定内です(汗)

竹野海岸へ出れば車で10分程で温泉があります


f:id:hirokz530:20210505162739j:image

f:id:hirokz530:20210505162924j:image
露天風呂からは海が見える
竹野温泉 誕生の湯

大人800円

子供500円

まぁまぁ高いですが、いい湯でした

夜ご飯は雨の為、川を渡ったバーベキューサイトへ!食べ終わった頃に雨は上がりましたが降ったりやんだり。

翌日もあるので早めに就寝しました。

 

翌日は1日中雨予報なので30分ほどかけて浜坂までお魚を買い出しと早めのお風呂へf:id:hirokz530:20210506153603j:image

源泉かけ流しの七釜温泉へ行きました

料金

大人500円

子供200円

 

あいにくの大雨に加えて気温も最高で12℃と寒い…。

と言う事で晩飯は鍋です。

寄せ鍋とキムチ鍋。


f:id:hirokz530:20210508185359j:image

身体を温めます!

1日中降り続けましたが夕方からは晴れ予想!


f:id:hirokz530:20210508185552j:image

夜は焚き火会です。

翌日は晴天!水風船300個のぶつけ合いw

f:id:hirokz530:20210514164335j:image

 

久々に雨に打たれたキャンプでしたが楽しかったです。